新人美容師にはできない!美容師の技量はアレンジの数で決まる

美容師の免許を取得した後も日々勉強です。

美容師は日々髪型の研究をしているので、様々な雑誌などを見て勉強をしています。美容院に来るお客さんは髪型を言いますが、お客さんの中には「お任せします」って言うお客さんもいるので美容師としての技量も必要になってきます。どんなお客さんにも対応できるように日々勉強をしているので、美容師の免許を取得した後にも勉強が必要になってきます。髪型は同じ髪型でも微妙に変わってくるので、独自のアレンジが必要です。少しでもアレンジ数を増やすことが一人前になるステップです。

髪のアレンジは一人一人違います

女性にとって髪は一番大切な体の一部なので一人一人違った髪質があります。みんな同じように見える髪でも微妙に違うので、初対面の人の髪でも一目見ただけでも、どんな風にセットをしていくかを判断しなくてはならないのです。髪のアレンジの方法は一人一人違いますが、アレンジの方法でどれだけの技量があるか分かってしまいます。いろいろなアレンジができるようになるには、美容師としての経験が必要となりますので、新人の人は先輩達のアレンジのやり方を見ながら勉強をしていきます。

経験を積むことでアレンジの数が増えていきます。

美容師はお店が閉店した後に人形を使って練習しながら様々なアレンジを考えています。アレンジをするお客さんは女性に多く、クセ毛の場合に工夫をしないと綺麗にまとまらないことがあるので、お客さんにあった工夫をしていきます。美容師としての経験が長ければ長いほどアレンジの数が多くなるので新人の美容師は、最初の頃はアレンジ数が0から始めています。アレンジの数が多いような経験が長い美容師はとっさの判断で創意工夫ができます。

美容に関心や興味のある方、国家資格を目指してアシスタントから始めたい方など働き方は様々です。お客様の笑顔や「ありがとう。」の気持ちが見られる美容師の求人案内です。