求人倍率の動向で就職は左右される!求人が増減する理由とは?

景気が良くなって忙しくなって人手不足になる

就職したい人にとっては、求人が多いか少ないかは大きな問題でしょう。求人が少なければ選択肢も狭まりますし、競争も激しくなるはずです。この求人数はどんな時に増えるのでしょう?一つは、景気が良くなって忙しくなり、人手不足になって求人数が増えるパターンが考えられます。忙しくなっても最初は残業時間の延長で対応することが多いでしょうが、忙しい状態が続きそうだ判断できるほど景気が良くなると求人数が伸びてくることになるでしょう。

新規事業立ち上げや新拠点展開で人材募集

求人数が増加する別のパターンとして、新規事業立ち上げや新拠点の展開で人材募集が増加するケースも考えられます。これも景気と無関係とはいえないでしょう。景気が良くなることが後押しとなり新規事業への投資が決まることもあるからです。しかし、個別の企業の状況を見ていくと、必ずしも景気判断だけで投資を決めている訳ではないでしょう。そのため、不景気でも新拠点展開をする企業はあるはずです。このタイプの求人は、景気が悪くても見つけられる可能性があるかもしれません。

常に優秀な人材を探している

求人数が増減する理由は、景気の良し悪しや企業規模の拡大等のパターンがあります。もちろん、求人は定期採用がありますので、毎年新規の採用枠があるといえるでしょう。ただ、学生等が対象になることが多く転職組にとっては無縁に近いかもしれません。しかし、企業は常に優秀な人材を探していますので、中途採用の求人情報が出る可能性は常に開かれている考えるといいでしょう。そういったチャンスを逃さないためにも、自分を磨く努力を常にしておくことが大切かもしれません。

近年、大都市近郊のベッドタウンの再開発が進んでいる。高層マンションやショッピングモールなどの建設が進み、施工管理の求人も増え、人手不足を解消しようとしている。